Skip links

Tour・Plan

一度訪れるとまた戻りたくなる場所
過去と未来が混在する世界最先端の
電子国家エストニア

フィンランド湾に面したエストニアは、日本の九州ほどの大きさの人口約130万人の小国です。

エストニアは1991年にソ連から独立し20年以上におよび復興の政策として電子政府“e-Goverment”、世界初の電子住民制度“e-Residency”、電子署名制度などによってペーパーレス化をけん引し、世界のIT先進国として発展してきました。

エストニア国内の行政サービスの99%はデジタル化が完了していると言われています。IT教育にも力を注ぎ、世界中の人々が通話に利用するSkypeはこの国で生まれています。世界初のブロックチェーン導入国であるエストニアはブロックチェーン技術を国民の日常生活に取り入れることに成功しています。

加えて電子国家ならではの市場の透明性、規制改革が進んだ政策も魅力です。国の支援やインフラにおいても、ビジネスやイノベーションを奨励する環境が整っており、世界銀行による「ビジネスのしやすさランキング」では世界12位、ヨーロッパ5位という高評価を得ています。

“e-Residency”制度は、エストニアが推進する電子政府の取り組みの一環で、エストニア非居住者に対してIDが発行され、世界中の誰もが取得可能です。電子住民(e-Resident)になることで会社の設立、税金、金融機関の利用など様々な電子サービスを受けることができます。日本の安倍晋三首相もエストニアの電子住民を取得しています。経営をする上での環境が整備された国でグローバルビジネスをスタートしたい起業家やエンジニアが、この制度を利用して世界から集まり、現在の電子住民は約2万人を超えています。

グローバルに開かれた最先端のデジタル国家としての地位が確立しつつある中で、エストニア国内はもちろん、海外から優秀な人材が集結し、革新的なビジネスを生み出しています。世界経済フォーラムのレポートによると、エストニアはヨーロッパでNo.1の起業家活動が盛んな国として選ばれました。また、その一方で首都タリンの歴史地区は、中世の面影を現在まで残し世界文化遺産にも登録されています。

文字通り“過去と未来が混在する街”であり、エストニアは世界的にも類を見ない場所なのです。

Case Studies

過去のエストニア視察アテンド事例をご紹介します。

社会人・学生アテンド例

行政アテンド例

起業家・ベンチャー企業の例

Send this to a friend