Skip links

e-Residency 留学

エストニア現地でスタートアップする即実践プログラム

エストニアは2014年に世界で初めてバーチャル国家というコンセプトを世界に向けて打ち出しました。1991年のソ連からの独立以来築き上げてきたIT国家としてのアイデンティティを、外国人も享受できるようにしたのです。

e-Residency、すなわち電子居住権と名付けれらたこの制度は、エストニアの市民権を持たずともオンラインで世界中のどこからでもエストニアの行政サービスへのアクセスを可能にし、法人登記や電子著名をはじめとする様々な恩恵をバーチャル国民にもたらしました。サービス開始から5年が経ち、延べ60000人がe-Residentを取得し、10000の会社がオンラインで登記されています。

本ツアーはe-Residencyの仕組みや取得することで可能になることを、現地で直接学べるプログラムとなっております。また希望される方は、エストニアでのe-Residency取得から法人登記までをサポートし、実際に現地のe-Residentとの交流やネットワーキングを通してコミュニティに参加し、人脈を広げる機会を提供いたします。

エストニアのスタートアップへの注目を世界中から集める制度の仕組みに興味がある方から国境を超えたバーチャル国民としてのアイデンティティを体感したい方まで、または現地エストニアでの起業を考えている方からヨーロッパへのビジネス展開のための拠点設立に興味がある方まで、ご応募お待ちしております。
現地でしか体験できない、e-Residencyの全てがわかるプログラムになっておりますので、この機会をお見逃しなく。

問い合わせる
Send this to a friend