Skip links

CIA Project

本気の学生と
エストニアをつなげる

何とかして海外でのキャリアを築きたい、しかし、経験もツテもない、何から始めたらいいのかわからない。だけどやる気だけは人一倍。
そんな学生の皆さん、エストニアで一緒にInnovationを起こしませんか?

コンセプト

『本気の学生とエストニアを繋げる CIA project』

C→Communication

チーム内でのコミュニケーションの大切さを学ぶ

I→Intelligence

ビジネスに活かせる教養と知識をエストニアで身につける

A→Appreciation 

物事に対する細部までの正確な理解力を深める

9日間の短期集中
実践型トレーニング

このプログラムではエストニアについて学ぶと共にリサーチ、マーケティングなど実践的な経験を楽しみながら積むことができます。アテンドするのは外資系企業で実績を積んだ実務経験のあるメンバーと、その下で本気で日々奮闘し続けているインターンシップ生たちです。
現地ではチームを組み様々なミッションを乗り越えることで社会で必要なスキルを身につけていきます。

Schedule

出国~エストニア

タリン到着

タリン国際空港で待ち合わせしてホテルまで送迎いたします。

いよいよエストニアでの9日間のCIAプロジェクトがスタートします。

アイスブレーク・T1モールリサーチ

エストニア最大級のT1モールをリサーチ!

タリンにあるショッピングモール「T1モール」は、市内で最も新しく、国内、バルト三国ともに最大規模のショッピングモールです。参加者はチームを組んで、実際に現地に出向いて得られる第一情報をもとにT1モールがどれほどの規模の経済効果を持っているのかを徹底リサーチ・分析していただきます。

(※リサーチ後のアウトプットの場として、7日目・8日目にチームごとの最終プレゼンがあります。)

トレーニングの目的

・チームメンバーと一つの目標に向かい取り組むことによって、チームビルディングを学びます。
・一次情報から分析、アウトプットをすることによって、真のリサーチ力を養います。

Telleskivツアー/5€チャレンジ/e-Estonia Briefing Centre

Telliskiviツアー

かつて工業団地であったテリスキヴィは、現在ではエストニア最大のクリエイティブセンター。アテンドはプロジェクトを立案した学生が担当します。エストニアの文化・歴史について理解を深めるとともに、参加者と学生の交流を深める機会にもつながります。

NEXTINNOVATION恒例5€チャレンジ!

ルールは簡単、タリンにある市場Balti Jaama Turgで、5€以内に収まるようなランチをセレクトします。制限時間は2時間!ゲーム感覚でエストニアや食文化について学びます。

e-Estonia Briefing Centre

エストニアの電子国家がどのような取り組みをしているのかを約2時間のツアーを通して学びます。

トレーニングの目的

エストニアの文化的側面や、世界でも先進的な電子政府について参加者と学生の交流を深めながら学びます。

タリン市街ウルトラクイズ大会

タリン市街はエストニアでも非常に長い歴史を持つ場所で、街全体が世界遺産にも登録されているほどです。そのため多くの歴史的な特徴をもつ建造物等がたくさん存在します。参加者にはヒントをもとに現地の方への聞き込みなどによって、コミュニケーションを図りながら、旧市街の中のどこかにある“答え”を探し出してもらいます。
クイズ大会は午前の部と午後の部があり、1日の終わりには成績発表、表彰式が行われます。

トレーニングの目的

・ゲーム感覚でエストニアの歴史や文化について学びを深め、同時にリサーチ力を養います。
・チームメンバーと一緒に協力して取り組むことによって、チームワーク、コミュニケーションスキルなどを学びます。

終日オフ/エストニア観光名所ツアー (希望者のみ)

テレビ塔ツアー

タリンテレビ塔は、1980年のモスクワオリンピックで行われるイベントに向け、より良質な電信サービスを提供する目的で建設されました。世界大タワー連盟にも登録されている314メートルのタワーで街全体を見下ろすことができます。

パタレイ刑務所博物館ツアー

1840年に海の要塞として設立された後、1919年から2020年まで刑務所として使用されていました。現在は刑務所博物館として営業しており、ソビエト時代の刑務所生活を垣間見ることができる、数少ない歴史的建造物です。

トームペア城ツアー

トームペア城は、かつてエストニア人の砦があった場所に13世紀から14世紀にかけてデンマーク軍が建設した城です。建設当時は貴族階級や騎士団が居住していました。城の一角には「のっぽのヘルマン」と呼ばれる塔が15世紀の建設当時の状態のまま残されています。

※ いずれのツアーもアテンドはプロジェクトを立案した学生が担当するので学生同士交流を深める機会になります。

エストニア海洋博物館リサーチ

6日目はエストニアでも人気の観光名所、エストニア海洋博物館をリサーチします。

この建物は北ヨーロッパでも最大規模の海洋博物館で1930年代の本物の潜水艦、ボートやヨット、1世紀前の蒸気砕氷船など、その他多くのエストニアの海の歴史にまつわる展示品があります。2013年には、EUで最も素晴らしい文化遺産賞である「ヨーロッパ・ノストラ賞」を受賞しています。(※帰宅後はアウトプットの場として各自結果を発表してもらいます。)

トレーニングの目的

・チームメンバーと一緒に取り組むことによって、チームワークを学びます。
・一次情報をとらえるリサーチ力を養います。

Breakfast MTG /プレゼンテーション

Breakfast MTG

Breakfast MTGは、食事をとりながら、提携先企業の経営メンバーと交流する時間です。参加者一人ひとり、就職やキャリアに対して様々な悩みや不安を解消すべく、その道のプロフェッショナルの方々と存分に意見交換をしていただきます。

T1モールプレゼンテーション

2日目から進めていたT1モールのリサーチ内容を、チームごとにこの時間で発表していただきます。

トレーニングの目的

・豊富なビジネス経験がある経営者との交流を通して、参加者の将来の選択肢として活かしていただきます。
・チーム一丸となって取り組んだ内容のアウトプットの場として失敗や成功から様々なことを学びます。

最終プレゼンテーション/レクレーション

最終プレゼンテーション

今までのトレーニング内容から得たすべての情報を活用した集大成として、チームごとに課題テーマに沿ってプレゼンしていただきます。

(制限時間:20分)

レクリエーション

食事をしながら今回のプログラムについて意見交換などをして交流を深めます。

トレーニングの目標

・今まで取り組んできたトレーニングの集大成として、学んだすべてのことをアウトプットし、今回のトレーニングについて振り返ってもらいます。
・チームメンバーと一つの目標に取り組むことによってチームワーク、チームビルディングを学びます。

帰国

タリン出発(翌日朝日本到着)

タリン国際空港まで送迎いたします。

帰国後はエストニアで学んだスキルを思う存分発揮してください。

参加の流れ・参加費
Send this to a friend