Skip links

エストニアのIT

〜世界有数の電子国家〜

皆さんは、役所で行う手続きが待ち時間なくオンライン上で申請ができたら、或いは自宅に居ながら選挙の投票ができたら便利だと思いませんか。
最先端のシステムを構築し、行政サービスの99%がオンライン化している国があります。それがエストニアです。エストニアは電子政府や電子投票を導入している世界有数のIT大国です。デジタルIDの導入によって、オンライン上で引っ越しの手続きや医療情報の共有が可能となるだけでなく、運転免許証や健康保険証、公共交通機関のICカードとしても使用できます。日本でも行政サービスのオンライン化が進めば、役所での待ち時間や移動に係る交通費が不要になり、国民の利便性が飛躍的に向上するのではないでしょうか。

エストニアがIT大国になった背景

エストニアは1991年に旧ソ連から独立を果たしますが、当時のエストニアは資金も天然資源もない小国だったため、何もかもがゼロからのスタートでした。天然資源を輸出してお金を稼ぐこともできない、工業を発展させるにも他国からの物資輸入のために莫大な初期費用が必要となります。そこで政府が注目したのがITでした。
国土の半分を森林が占めるなど制約が多い中で、国家を形成し国民全体にサービスを提供するために、国全体でITの導入をスタートさせたのです。
それでは、なぜエストニアが世界有数のIT国家と言われるまでに、短期間のうちに発展することができたのでしょうか。
それは、エストニアが旧ソ連の占領時代に情報通信産業を担っていたため、国内にITに関連する人材が豊富にいたこと、そしてその人材の数学的思考力の高さが認められていたことも影響して、ITの早期導入という決断につながり、結果的に今のIT大国エストニアを生み出しました。

IT導入の基盤

エストニアのITを象徴する電子政府ですが、この電子化されているサービスを支えているものは何でしょう。それは低コストの分散型アーキテクチャを使用したX-Road と呼ばれる基盤技術です。このシステムは、900を超える異なる機関でデータベースを連携させることができます。様々な機関が X-Road にアクセスしてくる中でどんな目的でアクセスしてきたのかを把握することが可能です。日本で居住地を引っ越した際は、役所で転出届や住民票異動届を提出し、電気・ガス、水道会社にそれぞれ利用開始の申し込みが必要になりますが、エストニアでは X-Road のデータを書き換えるだけで各機関にその情報が連携するため、手続きをする手間が省けます。このような基盤がエストニアをIT大国と言わせる所以です。

セキュリティの安全性

オンライン上での情報管理で気になるのはセキュリティ問題です。日本でも個人情報の流出は度々ニュースで取り上げられますが、エストニアの情報セキュリティの安全性はどうなっているのでしょうか。2007 年にエストニアで大きな事件が起こりました。首都タリンにあったロシアを象徴する旧ソ連兵士の銅像を郊外に移動させたのをきっかけにロシア人やロシア系エストニア人が暴動を起こしたのです。さらにその時、大規模なサイバー攻撃を受けた影響で、エストニアの経済は麻痺し、混乱に陥りました。この出来事を契機に 2008年にサイバー防衛センターを設立し、2016 年にはNATOと協力して大規模なサイバー演習を行いました。さらにセキュリティの向上に大きく貢献しているのがブロックチェーン技術で、これは分散型ネットワー クを構成するコンピュータに暗号技術を用いてデータを同期して記帳する手法です。このブロックチェーン技術は、エストニア発のスタートアップ企業である Guardtimeが開発した独自の技術を使用しているため、強固で安全性が高いセキュリティを実現しています。

IT教育にも力を

エストニアにはタリン大学やタルトゥ大学を代表とする科学系に強い大学があり、I T分野への人材供給の機能を果たしています。数学や科学系への教育成果は数値として現れており、OECDの生徒の学習到達度調査で科学分野、数学分野ともに上位にありました。日本では 2020 年から小学校でのプログラミング教育が義務化されましたが、エストニアでは日本より8年も早い2012年からスタートしています。また、インターネット上ですべての教科書が閲覧できるプラットフォームを構築する取り組みも行われています。エストニアでは幼少期から自然にITに触れ合う環境が整っており、国民にとってITは非常に身近な存在です。

デジタル社会の進展に伴い、今後日本国内においても行政サービスや医療をはじめ、様々な面でIT化が進んでいくと考えられます。
自然が豊かで、歴史や伝統文化をとても大切にするエストニアは日本と共通点が多く、エストニアが世界有数の電子国家に至るまでの変遷から日本は多くのことを学べるかもしれません。

Leave a comment

Send this to a friend